2009年7月4日 第1回 遺跡トレイル・ウォークの様子

第1回の北海道大学人類遺跡トレイル・ウォークが7月4日におこなわれました。

これは、北海道大学のキャンパス内に数多く残されていた人類遺跡を、調査室員の引率のもと学内外の参加者の方々にめぐっていただき、身近な地域に残されていた文化や自然の歴史について理解を深めていただくという主旨から企画されたものです。

はじめて実施されたのですが、39名もの方々のご参加をいただきました。

今回は、埋蔵文化財調査室を出発し、発掘調査がちょうど終了した北キャンパス道路地点(創成科学研究棟のすぐ近く)で解散する所要時間2時間弱の続縄文文化の遺跡をめぐるコースでしたが、秋には擦文文化の遺跡を中心としたコースをまわる第2弾を計画しております。

詳細が決まりましたら、このホームページでもお知らせいたします。