2018年7月21日 第19回遺跡トレイルウォークの様子

 

第19回目の遺跡トレイルウォークを7月21日に開催いたしました。

当日のお天気はやや曇り。30℃を超える暑さとなりましたが、57名の方々にご参加いただきました。

今回のテーマは、「続縄文から擦文期にかけての居住域の変遷」。

北大構内のサクシュコトニ川流域を歩きながら、集落やキャンプサイトの広がりをみていきました。総合研究棟機械工学系地点では現在発掘調査中の複数の竪穴住居址を見学しました。

戻る