2010年12月3日 HUSTEP

平成22年12月3日、留学生を主な対象とする北海道大学短期留学プログラム(HUSTEP)の講義が、留学生や学生の出席のもと、埋蔵文化財調査室でおこなわれました。

構内遺跡の出土木材を専門的に研究している北大北方生物圏フィールド科学センターの研究員・渡辺陽子さんと調査室員が講師となって、北大構内の「先史森林文化」の概要とその意義について講義がなされました。